ブログ用WordPressテーマ マテリアル

無料の割に高機能なブログ用WordPressテーマ マテリアルについての解説サイトです

Home » マテリアルをダウンロード

マテリアルをダウンロード

sponsored link

最新版をダウンロード

 こちらから最新版のマテリアルをダウンロードして下さい。

マテリアル

“マテリアル本体” をダウンロード wp_material-4.0.zip – 13102 回のダウンロード – 421 KB

カスタマイズ用子テーマ

“マテリアル 子テーマ” をダウンロード wp_material_child-1.1.zip – 5264 回のダウンロード – 18 KB


子テーマとは

AddQuicktag用jsonファイル

“AddQuicktag用 jsonファイル” をダウンロード addquicktag_material_2.0.json_.zip – 2741 回のダウンロード – 2 KB


AddQuicktag用jsonファイルとは

テーマの使い方

 ダウンロードしたzipファイルをアップロード、有効化することで、テーマを使用することが出来ます。

 なお、zipファイルのままアップロード出来るので、解凍する必要はありません。
※自動解凍設定は解除しておくようにして下さい。

アップロード方法

 WordPress管理画面の外観テーマをクリックして、テーマの選択画面に進みます。

theme 新規追加をクリックします。

theme2 テーマのアップロードをクリックします。

thme3 ファイルを選択をクリックして、ダウンロードしたwp_material-1.0.0.zip(数字部分はバージョンによって変わります)を選択してから、いますぐインストールをクリックします。

theme8 有効化をクリックすれば完了です。

 テーマカスタマイザー(外観カスタマイズ)を開いて、SNSアカウントの登録やアドセンスコードの入力、アナリィティクスコードの入力などの初期設定、及び、必要であればカラーデザイン等のカスタマイズを行ってください。

バージョンアップ方法

FTPソフトを使ってアップロード

 FTPソフトを使って自分でアップロードする方法です。
 アップロードする前にルート/wp-content/themes/wp-materialをダウンロードしてバックアップとして保存しておくことをおすすめします。

  1. 最新版マテリアルをダウンロードする
  2. ダウンロードしたzipファイルを解凍して、wp-materialというフォルダを取り出す
  3. FTPソフトを使って、wp-materialフォルダを
    ルート/wp-content/themes/
    にアップロードする(既存のwp-materialに上書きする)

管理画面からアップロード

 FTPソフトを使用せずに管理画面からアップロードする方法です。
 ただしこの方法では問題点が二つあります。

  • 既存のテーマのバックアップを取ることができない。
  • アップデート作業が完了するまでの間(1分以内には終わると思いますが)、別テーマが表示される。

 この二点について構わないのであれば、以下の方法でアップデートして下さい。

  1. 最新版マテリアルをダウンロードする
  2. テーマ管理画面でマテリアル以外のテーマを有効化する
  3. マテリアルを削除するdelete1
  4. 最新版マテリアルを新規アップロードする

自己責任でお願いします

 バージョンアップに際して、テーマカスタマイザーで入力した情報は全て引き継がれますが、テンプレートファイルを書き換えていた場合は、その変更部分は消えてしまいます。

 自己責任でお願いいたします。

 分からないことや困ったことがあれば、ご遠慮なくコメント欄からご質問ください。

sponsored link

コメント

  • お手数かけて申し訳ないです。
    最新バージョン1.5.4でお試し下さい。

    原因はインストールされているphpのバージョンによるものだと思います。
    古いバージョンでも大丈夫なように訂正してみたので、試してみてご報告していただけると助かります。

    よろしくお願いいたします。

    by nobuo@管理人 €2015年4月18日 11:08 PM

  • 対応ありがとうございます。

    早速、最新バージョン1.5.4だとエラー表示もなく大丈夫でした。

    素敵なテーマなので早速使わせていただきます!

    by まみ €2015年4月18日 11:16 PM

  • >Dさん
    全て消してしまわれたとのことで、申し訳ありませんでした。
    DBさえあればWordPressを再インストールして復活させることが出来るので、今後もしトラブルがあってもDBだけは消さずに置いておくことをおすすめいたします。

    by nobuo@管理人 €2015年4月18日 11:19 PM

  • >まみさん
    良かったです!
    いいブログを作って下さい!

    by nobuo@管理人 €2015年4月18日 11:20 PM

  • お疲れ様でした。
    そして、サポートと親切なアドバイス
    大変ありがとうございます。

    テンプレート、活用させていただきます! 
    感謝

    by D €2015年4月19日 12:12 AM

  • Dさんが貼ってくれたエラーコードのおかげで原因が分かりました。こちらこそ感謝です。

    また何かあればよろしくです(^^)

    by nobuo@管理人 €2015年4月19日 9:25 AM

  • 何度も失礼します。

    Standard Widget Extensionsという追跡プラグインですかね。
    を使いたいんですが

    メインカラムの ID
    サイドバーの ID
    ウィジェットのクラス名

    などはなにを入力すれば大丈夫でしょうか?

    Principleの時は「mine]などだったと思うのですが。

    by まみ €2015年4月19日 3:24 PM

  • >まみさん
    ちょっと試してみるのでお時間下さい。

    by nobuo@管理人 €2015年4月19日 9:55 PM

  • いつもお世話になっております。
    マテリアル、愛用させていただいています。
    初歩的なお尋ねですが、説明にあるとおりバージョンアップについてはFTPソフトを使ってのアップロードしか方法はないのでしょうか。私はFTPソフトについての知識が乏しく、以前使っていてデータを消してしまったことがあるもので、どうも躊躇してしまいます。
    テーマ変更画面からバージョンアップできると助かるのですが、「すでに持っています」という表示が出て返されますので、やはり上記の方法しかないのでしょうか。

    by 朔弥 €2015年4月21日 6:35 AM

  • 実はあります。
    一旦テーマを消してしまう方法です。

    ①テーマを別テーマに変更する
    ②マテリアルを削除する
    ③マテリアルを新規インストールする

    これならいずれも管理画面から行うことが可能です。
    ただしこの方法だとバックアップが取れないので、自己責任でお願いします。

    by nobuo@管理人 €2015年4月21日 9:03 AM

down

コメントする



CAPTCHA


更新情報

マテリアルの使い方

お役立ち情報

サーバー関連

信頼できるサーバー第1位

管理人

Nobuo_CREATE

Nobuo_CREATE

WordPressテーマPrincipleを作ったり、Androidアプリを作ったり、Java入門サイトを作ったり、本を書いたりしています。どうぞよろしく。